見出し画像

別にYoutuberを目指さなくても良いから

最近、自分の中で何かアウトプットのパフォーマンスが悪いなと思ってきたりしていて。

で、調子が良い時と比べて何をしていないかな〜と考えていたら、「そういえば長らく動画を撮っていない」ということに気が付いたんですね。

いっとき、集客用として1年以上ずーっと毎日撮り続けたことがあったんですが、その時と比べてみるとやっぱり頭の回転や言語化能力などのパフォーマンスのレベルが違うなと。

ということで、またちょっとずつ動画を撮っていこうかなと。


身体は覚えているもんで、意外と普通に喋れました。

動画の中でも話しましたが、別にYoutuberを目指すわけではないので、ファジーにやっていく予定です。

基本的にノー編集でやっていきますし。

面倒臭いとかじゃなくて、言語化能力を上げていくにはこれがイチバンかなというのと、聴覚&視覚をベッタリサポートされて受動的にインプットする思考停止した視聴者層を避けるためにもその方が良いかなと。

そんなに長い動画は撮らないですし。

で、これやったことがある人はわかると思うんですが、一人で喋ってそれをもう一度見返すというのは、自分のことをかなり客観視できるのでめっちゃオススメです。

同じ「喋る」という行為でも、人とコミュニケーションを取るのと一人で喋るのとは、使う脳の部分が違いますし(科学的にはわからない)。

ということで、動画を撮ることでなぜパフォーマンスが上がるのかをもう少し掘り下げてお伝えしていこうかなと。

これ、別にYoutuberを目指すとかスピーカーになるとかじゃなくても、自分を客観視するという意味で非常に有効ですし、ブログやツイートの発信レベルや瞬発力も大幅にアップするので、こっそりやってみてください。

出来の良いものはYoutubeにアップするなどすれば、あなたの人となりも伝わりますし、思わぬ効果があるかもしれませんよ。

下記のような視点で、見る人は見てますからね。


では、動画を撮って見返すことで、なぜアウトプットのパフォーマンスが上がるのかについて見ていきましょう。

①構成を考えるクセがつく

この続きをみるには

この続き:2,456文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

別にYoutuberを目指さなくても良いから

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!全力で息子のお菓子かオモチャを書います(ʘʖ̮ʘ)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください(ʘʖ̮ʘ)
5

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタントです。メインブログ👉https://change-consul.factdeal.co.jp/

月刊コンサルnote

この定期購読マガジンのコンセプトはひねくれた「コンサル視点」。 異端児はみんなひねくれていますからね(笑) で、「コンサル視点」とは何かと言うと、「コインの裏表だけではなく側面を見る」ということに尽きます。 これができるようになると、普段の姿がスーパーサイヤ人でいるこ...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。