コンサルタントが教える「イヤな人」の正しい切り方。
見出し画像

コンサルタントが教える「イヤな人」の正しい切り方。

ハットリシンヤ

僕は、言うまでもなく「イヤなクライアント」とはサクッと契約を切るタイプです。

手にするお金も、使える時間も、付き合う人も、自由も選択できるようになりたいから独立起業したわけですから、それをジャマするような人と付き合うメリットはありません。

もっと言うと、自分にメリットがないどころか、他の大事なクライアントのジャマにもなるので尚更です。

だって、そういうクライアントと付き合っていると、時間や利益を奪われるだけではなく、精神的にもしんどくなるので、他のクライアントに対するコンサルのパフォーマンスが落ちますから。

対応コストは想像以上です。

誤解されないように言っておくと、「イヤなクライアント」というのは、自分の課題を実行しない人や、それによって結果が出ないことに対して文句や言い訳を言う人のことです。

僕のミスや力不足でクレームが来た場合は、当然、真摯に対応します。

当然ですが、僕のわがままで切るというわけではないということですね。

途中で、「イヤ、ちょっと生理的に無理なので、契約解除してもらって良いですか?」とか言わないですよ(笑)

そんなもん、生理的に無理とか性格が合わなさそうとか最初の段階でわかっていますし、そもそも「イヤな人」が入ってこれないようにスクリーニングしているので、クライアントを切らなければならないシチュエーションになることはほぼなくなりました。

とはいえ、100%見極められるわけではないので、クライアントを切らなければならないシチュエーションはゼロではないです。

ただ、「上手く切る方法」を知っているのでトラブルにはならないんですね。

その方法というのは...

この続きをみるには

この続き: 1,066文字
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全て…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
ハットリシンヤ
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/