賢者ビジネスと情弱ビジネスの分かれ目
見出し画像

賢者ビジネスと情弱ビジネスの分かれ目

ハットリシンヤ

あけましておめでとうございます。

年が明けて定期購読者が一気に減るかなと思ってたんですが、引き続き購読していただけそうなので張り切って書いていきます。

めちゃくちゃありがたいですね。

あ、新しく定期購読していただいた方も楽しみにしていてください。


また、この『月刊コンサルnote』をよりニーズに沿ったものにしていきたいので、今年からリクエストフォームを設置しました。

リクエスト内容によっては個別回答に近い感じになり、コンサル的な効果もある思うので、下記のリンクから遠慮なくリクエストしていただければ。

500円で問題や悩みが解決するかもしれませんよw

スクリーンショット 2020-01-02 21.07.01


ということで、本題へ。

僕の情報発信に関して、「好きなことを好きなように書いて稼げて楽そうだね」とたまに言われるんですが、半分当たりで半分ハズレです。

正しくは「好きなことを好きなように書いて稼げるように、僕の好きなことを好きでいてくれる人だけを集めている」というのが正解です。

そのためにやっていることがまさにこのツイートに書いてあることで。


もっとシンプルに言うと「リサーチとスクリーニング」の繰り返しですね。

去年から常々言っていることではありますが、正しいマーケティングの戦略とマインドとしてこれだけは絶対に外せないので、今年もここからスタートしましょう。

企画も含め、僕の情報発信はひたすらこれをやり続けているということになるんですが、こういった「深くて狭いマーケティング」にはコツがあるので、それについて今回は書いていこうかなと思います。

つまりは「深くて狭いマーケティング」をしていく上で、何から始めて、プロセスにおいて何に注意すれば良いのかについて。


おそらく多くの人が知りたいのがTwitterでのポジショニングだと思うので、そこを中心に書いていきます。

たぶんその方がわかりやすいですし、コンサルnoteを読んでくれている人のほとんどはブログやnoteも運営されていると思うので、少し工夫するだけでそちらにも応用できます。

が、例の如く「フォロワー増やし術」ではなく、副産物としてフォロワーが増えるというだけの話なので、そのあたりは誤解の無いよう。

リサーチの目的

この続きをみるには

この続き: 3,838文字
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全て…

過去のTwitterノウハウの投稿をまとめたものです。今後もTwitterノウハウの投稿はこちらにも追加していきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
ハットリシンヤ
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/