断らない悪魔
見出し画像

断らない悪魔

ハットリシンヤ

コンサルタントの中には、助けを求められると

「この人にはコンサルが必要なんだ!」
「何とかしてあげなければ!」

と、信じて疑わないコンサルタントは多いんですが、それはただの思い込みであったり、目的を見失っていたりする場合がほとんどです。

そう思いたいだけなんですよ。

自分は市場(世の中)から必要とされているんだと。

僕も最初はそうだったんですが、下手な正義感というのは、一見「人のため」に見えるんですが、実際は矢印が自分の方を向いているので、依頼者の問題の傷口を広げます。

コンサル成功率90%の秘密

コンサルタントの役割というのは、ザックリ言うと「問題発見」と「問題解決」なわけですが、ぶっちゃけ言うと、ほとんどの問題は発見できませんし、問題解決もできません。

コンサルタントの僕が言うのも何なんですが、これが現実です。

スーパーマンや魔法使いではないので。

だからこそ、僕は万人に同じことを伝えるセミナーをしませんし、情報発信やコンテンツ販売に関しても多くの選択肢を提示し、スクリーニングも強めにしているんですね。

コンサルの前にワンクッショもツークッションも置いているわけです。

僕が、常にコンサルの成功率を90%前後でキープできているのは、上記のような信念やスクリーニング、プラス、無理だと思う人は相手にしないようにしているだけです。

何でもできるから成功率が高いわけではなく、できることだけを厳選してやっているから高い成功率をキープできるということですね。

もちろん、できる範囲とレベルというのは、自分で実践しインプットとアウトプットを繰り返しながら日々アップグレードしていっていますが。

で、スクリーニングの重要性を伝えているせいか、「服部さんがコンサルの依頼を断る基準って何ですか?」と聞かれることが最近多いんですが、けっこうシンプルで、次の3つだけです。

①依頼された問題が専門外(or難易度が高い)
②行動しないことが目に見えている
③実情(実績)にウソをついている

この続きをみるには

この続き: 2,592文字

コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全て…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
ハットリシンヤ
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/