コンサルnote大全

534
ブログをやるメリット「プラスα3つ」

ブログをやるメリット「プラスα3つ」

先日、こちらのツイートをしたんですが、みなさんはブログをやることでのこれらのメリットは受け取れていますでしょうか。 ブログをやることの7つのメリットについて、TCDの中田さんがほぼほぼ完璧に言語化してくれているので要チェックです。 ■ブログ執筆を楽しむモードに入っている人は強い。 ブログを続けることで 得られることや楽しめる要素は 本当に色々あります。 「お金」ももちろんそうなのですが、 継続するにはむしろそれ以外の楽しみを 感じている人の方が最終的には強いです。

7
100
ブログをやるべきかYouTubeをやるべきか

ブログをやるべきかYouTubeをやるべきか

コンサルをしていると「ブログをやるべきかYouTubeをやるべきか」みたいな質問や相談は絶えません。 が、そもそもそんなものは最終的な目的によるわけです。 ただ、そのあたりを差し引いても「情報発信の難易度」という点ではブログの方が圧倒的に低いかなと。 様々な準備や編集作業に加え、再生数だけではなく登録者も必要なYouTubeに比べれば、ブログはぶっちゃけ「書く」だけですし、CVに必要なアクセスさえ集まればそれで良いわけですから。   もちろん、ブログもデザインやレイア

7
500
【永久保存版】コンテンツメイクの教科書(ver.2021)

【永久保存版】コンテンツメイクの教科書(ver.2021)

こんにちは、ハットリシンヤ(@FACTDEAL)です。 オンラインサロンで配信していたマーケティング系のコンテンツを改変し、再構築したら、なかなか濃厚なコンテンツができあがりました。 ボリュームを押したいわけではないので、文字数でマウントするつもりはさらさら無いんですが、余すことなく情報やノウハウを盛り込んでいったら、気がついたら10万字以上のボリュームになっていました。 内容的にはまだまだ書けるんですが、カリキュラムがあまり広範囲になってしまっても消化できなくなるので

332
19,700
情報発信中毒になるコツ

情報発信中毒になるコツ

今年もあと1ヶ月で終ろうとしていますが、今月も『月刊コンサルnote』を定期購読していただき本当にありがとうございます。 ずっと読んでくれている人も、最近読み始めてくれた人も、「書き続ける活力」をいただいているので本当に感謝しています。 この『月刊コンサルnote』は、2017年の4月からスタートしまして、2年半以上毎週月曜日と金曜日の朝9時に配信しているわけですが、スタートした月の売上はこれくらいでした。 値段は今と変わらず、定期購読者12人からスタートしたわけです。

28
500
noteのボリュームと価格のジレンマ

noteのボリュームと価格のジレンマ

情報コンテンツを売る取っ掛かりとして、noteを活用する人は後を絶たないわけですが、コンテンツ制作を進めていく上でだいたい2つのハードルを超えられずに終わるパターンが多いです。 noteでコンテンツ販売を始める人の、わりと共通の悩みだったりするので、今回はここを解説しようかなと。 まぁシンプルな話なので、特に疑念を持つことなく腑に落ちると思います。 情報コンテンツ全般の話になると戦略は変わってくるので、今回は「noteで有料コンテンツを販売する」ということに話を絞ります

19
500
情報発信セットアップ方法

情報発信セットアップ方法

今回は情報発信のセットアップ方法について。 ブログやメルマガのネタが尽きてしまった人、あるいはブログを書きたいけど何をどう考えて書けば良いのか、どうやってネタを探せば良いのかわからない人に向けての内容ですね。 Twitterでは「枝葉」の話、つまり発信する段階についての内容を話したので、コンサルnoteではそこに行き着くまでの初期設定の方法を。 ちなみに、Twitterでの内容はこちら。 カンペは下記からもダウンロードできるので、ダウンロード後は印刷して横に置きながら

11
500
コンサルタントと「尖った情報発信」のジレンマ

コンサルタントと「尖った情報発信」のジレンマ

一定数の意見ですが、コンサルタントとエッジの効いた情報発信は相性が悪いと言われることがあります。 これはなぜかと言うと、コンサルを実施し、実績としてクライアントの声を提示するようになると、過激な情報発信をしているとクライアントに迷惑がかかるから、というもの。 確かに一理ありますし、現に僕自身コンサルタントですし、尖った発信もするので、 「コンサルタントとしてその発言はどうなのか?」 「会社の社長としてその言葉遣いはどうなのか?」 とツッコミを入れられたりします。 た

3
500
日本人に刺さりやすいブログ記事

日本人に刺さりやすいブログ記事

刺すとか刺さないとかのツイートを見かけまして、なんか物騒だなと思っていたんですが、言葉の話だったようで。 ただ、読者やフォロワーに対して「刺せ」という表現はどうかなと。 まぁ、それは置いといて。 そもそも「刺さる言葉」とか「刺さる記事」というのは何ぞやという話なんですが、言葉なのか文章なのかでけっこう変わってくるんですよね。 言葉だと、そのワード自体にインパクトがないといけなかったりするわけですが、文章の場合だと言葉も含まれますし、それ以外にもテーマや構成、言い回しと

4
500
記事構成に個性を融合させる方法

記事構成に個性を融合させる方法

期間限定で無料公開したこちらの記事が好評でして。 具体的にどうすれば良いのかわからなかった人で、何かしら行動に移していただいたのであれば幸いだなと。 一方で、人間味やキャラクターを前面に押し出して記事を書こうとすると、とっちらかってしまって何を伝えたいのかよくわからなくなってしまうパターンもあるんですよね。 そうならないための工夫も必要で。 ということで、今回はその部分についてお伝えしていこうかなと思います。 コラムやオピニオン系の記事で個性を出すのは簡単ですが、ノ

3
500
個性(人間味)を出すライティング

個性(人間味)を出すライティング

アフィリエイターに限らず、キュレーションサイトや企業サイトと差別化するためには、個性を前面に押し出したブログスタイルが有効になります。 これから個人で生き抜くために必須の情報発信テクニックですね。 じゃぁ、個性を前面に押し出したブログというのはどういったものかと言うと、プロフィールをしっかり書き上げたり、ゆるい感じにしたりすること or 尖らせること...だけではダメなわけです。 肝心の文章、記事に「人間味」が無ければ意味がありません。 となると、「人間味って?」って

38
500