マガジンのカバー画像

コンサルnote大全

385
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)… もっと詳しく
¥48,000
運営しているクリエイター

#ブログ

ブログをやるべきかYouTubeをやるべきか

コンサルをしていると「ブログをやるべきかYouTubeをやるべきか」みたいな質問や相談は絶えません。 が、そもそもそんなものは最終的な目的によるわけです。 ただ、そのあたりを差し引いても「情報発信の難易度」という点ではブログの方が圧倒的に低いかなと。 様々な準備や編集作業に加え、再生数だけではなく登録者も必要なYouTubeに比べれば、ブログはぶっちゃけ「書く」だけですし、CVに必要なアクセスさえ集まればそれで良いわけですから。   もちろん、ブログもデザインやレイア

スキ
7
有料
500

noteのボリュームと価格のジレンマ

情報コンテンツを売る取っ掛かりとして、noteを活用する人は後を絶たないわけですが、コンテンツ制作を進めていく上でだいたい2つのハードルを超えられずに終わるパターンが多いです。 noteでコンテンツ販売を始める人の、わりと共通の悩みだったりするので、今回はここを解説しようかなと。 まぁシンプルな話なので、特に疑念を持つことなく腑に落ちると思います。 情報コンテンツ全般の話になると戦略は変わってくるので、今回は「noteで有料コンテンツを販売する」ということに話を絞ります

スキ
19
有料
500

コンサルタントと「尖った情報発信」のジレンマ

一定数の意見ですが、コンサルタントとエッジの効いた情報発信は相性が悪いと言われることがあります。 これはなぜかと言うと、コンサルを実施し、実績としてクライアントの声を提示するようになると、過激な情報発信をしているとクライアントに迷惑がかかるから、というもの。 確かに一理ありますし、現に僕自身コンサルタントですし、尖った発信もするので、 「コンサルタントとしてその発言はどうなのか?」 「会社の社長としてその言葉遣いはどうなのか?」 とツッコミを入れられたりします。 た

スキ
3
有料
500

日本人に刺さりやすいブログ記事

刺すとか刺さないとかのツイートを見かけまして、なんか物騒だなと思っていたんですが、言葉の話だったようで。 ただ、読者やフォロワーに対して「刺せ」という表現はどうかなと。 まぁ、それは置いといて。 そもそも「刺さる言葉」とか「刺さる記事」というのは何ぞやという話なんですが、言葉なのか文章なのかでけっこう変わってくるんですよね。 言葉だと、そのワード自体にインパクトがないといけなかったりするわけですが、文章の場合だと言葉も含まれますし、それ以外にもテーマや構成、言い回しと

スキ
4
有料
500

記事構成に個性を融合させる方法

期間限定で無料公開したこちらの記事が好評でして。 具体的にどうすれば良いのかわからなかった人で、何かしら行動に移していただいたのであれば幸いだなと。 一方で、人間味やキャラクターを前面に押し出して記事を書こうとすると、とっちらかってしまって何を伝えたいのかよくわからなくなってしまうパターンもあるんですよね。 そうならないための工夫も必要で。 ということで、今回はその部分についてお伝えしていこうかなと思います。 コラムやオピニオン系の記事で個性を出すのは簡単ですが、ノ

スキ
3
有料
500

コンサルタントのブログはブロガーとは書き方がまるで違う

手前味噌で恐縮ですが、僕のブログを読んでくれている人にその理由を聞くと、だいたい「他のブログとは違うから」と言ってもらえます。 非常に嬉しいことではあるんですが、そもそも僕はブロガーでもアフィリエイターでもないので、ブログに対する考え方や書き方は彼らとは全く違う「コンサル流」があるわけでして。 もちろん、「コンサルタントはこう書かなければならない」というルールはないですし、複数のブログやメルマガなど合わせて3000記事以上は書いてきてたどり着いたブログの書き方とでも言いま

スキ
5
有料
500

ブログが続かなくなる5大挫折要因を知ってるかい?

ブログ挫折あるある言います。 まぁ、「あるある」とは言っても、これに気づく頃にはかなりモチベーションは下がっている状態で、つまり、末期にならないと気づかないことでもあるので、“挫折組”からしたら「あるある」ではないんですが。 で、ブログは必ずしも続けることが目的ではありません。 たった数十記事で、あとは定期的なメンテナンスだけででエグいPV叩き出しているブログやサイトもありますしね。 ただ、超基本だけでも押さえて続けていれば、たとえ趣味ブログであっても一定の成果は現れ

スキ
6
有料
500

ブログが書けない時に最初に解決すべき5つの問題

何千記事とブログやメルマガを書いていると、さすがに「今日は何を書こう?」といったことは無くなります。 むしろ、溢れ出るアウトプットに対して記事を書く時間が足りないくらい。 ただ、僕が最初からこういった状況で書いていたかというと、そんなことは無いですし、今でも、記事こそ書き上がるものの、書いたものが気に入らなくて削除したり、リライトしたりすることはしょっちゅうあります。            誰かがシェアしたり、コメントをくれた際に、その自分の書いた記事を読み直したりする

スキ
6
有料
500

ブログを書くのに一番重要な感覚は「五感」のうちどれ?

普段、何を使ってブログを書いていますか? PC?スマホ?タブレット? それともランサーズ?クラウドワークス? いやいや、そういう話じゃなくて、僕が聞いているのは 「五感」の話です。 視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の主にどれを使って書いていますか?ということです。 「そりゃ、視覚(目)と触覚(手)でしょ」 って答えた人は、さぞかし反応が高いブログを書けていることでしょう。 っていうのは嘘です。 たぶん、毎日、自己満足のつまらないブログばかり書いているんでしょうね。

スキ
5
有料
400

Part10:ブログの向こう側にある誰にもジャマされない世界

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
2

Part9:決してビジネスブログを毎日書いてはいけない

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
4

Part8:あらゆる数字の動きを司るブログ内における聖域

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
2

Part7:ライバルが手を抜いている隠れキラー記事を強化せよ

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
3

Part6:Googleに粛清されてしまう間違ったSEO対策

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
3