快楽の螺旋階段

コンサルタントという職業は良いですよ。

間違った道にさえ進まなければ、“あるもの”とは無縁で生きていくことができますから。

逆に、同じコンサルタントでも、“あるもの”に囚われて、地獄のスパイラルに陥っていく人も数知れず。

これからコンサルタントになろうと思っている人、あるいは、現役のコンサルタントで、その“あるもの”に苦しめられている人は、この両者の違いを知っていただければなと思います。

まぁ、“あるもの”というのは、かなり中毒性が強いものなので、もう手遅れな人もいますが。

地獄のスパイラルの入口

“あるもの”というのは「承認欲求」です。

もちろん、幼少の頃のコンプレックスや性格によるところもあるんですが、コンサルタントとして進む道によって、それが薄れていったり、濃くなっていったりするんですね。

本来、コンサルタントというのは、一社、一個人が抱える問題を発見し解決することで、その個人や会社が輝き、それを見て「よっしゃ!」と喜びを感じることができるのが醍醐味です。

そして、それなりの報酬もいただけると。

世の中には、

①ライスワーク(食っていくための仕事)
②ライフワーク(生きがいになっている仕事)
③ライトワーク(他人を輝かせるための仕事)

とあるわけですが、コンサルタントはまさしく「③ライトワーク」です。

少なくとも僕はそう思っています。

ただ、コンサルの依頼をもらうためには、少なからず「権威性」が必要になるんですね。

要は、先生(指導者)として信頼、尊敬されるために、「自分はこんなにスゴイんだぞ」ということを知らしめなければならないわけです。

これが地獄のスパイラルの入口だったりするんです。

この続きをみるには

この続き:3,132文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

快楽の螺旋階段

ハットリシンヤ

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはプレゼント企画でガンガン還元していくので、https://twitter.com/FACTDEAL でチェックしておいてくださいね!

ありがとうございます!これがけっこう嬉しいんですよね♪
11

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタントです。メインブログ👉http://change-consul.factdeal.co.jp/

月刊コンサルnote

この定期購読マガジンのコンセプトはひねくれた「コンサル視点」。 異端児はみんなひねくれていますからね(笑) で、「コンサル視点」とは何かと言うと、「コインの裏表だけではなく側面を見る」ということに尽きます。 これができるようになると、普段の姿がスーパーサイヤ人でいるこ...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。