見出し画像

「ライバルの逆張り=ライバルと敵対」ではない

当たり前の話ですが、飲食店の集客は立地で決まります。

・博多で大人気のラーメン屋
・ダシにこだわったラーメン屋
・行列が途切れないラーメン屋
・弟子入り志願が集まるラーメン屋
・芸能人も通うラーメン屋

ラーメン激戦区で、上記のような特徴のラーメン屋が並んでいたら、どの店を選ぶでしょうか?

ぶっちゃけ、どれでも良いですよね。

どれも訴求が同じ(味自慢)なので、とりあえず目についた店か近くの店、あるいは直感的にピンときた店に入ると思います。

ただ、もしこの中に

・添加物不使用のラーメン屋
・ヘルシーさが女性に大人気のラーメン屋
・激辛注意のラーメン屋
・阪神ファンが集まるラーメン屋
・タピオカ入りのラーメン屋

といった特徴をアピールするラーメン屋が入ってきたら、立地の不利さを逆転する可能性があるわけです。

それくらい特徴やコンセプトの差別化というのは大事です。

もちろん、「味」や「清潔感」という飲食店の前提条件はクリアしておく必要はありますが。

立地とコンセプトをブログに置き換えると...

この続きをみるには

この続き:3,319文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

過去のブログノウハウの投稿をまとめたものです。今後もブログノウハウの投稿はこちらにも追加していきます。

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

「ライバルの逆張り=ライバルと敵対」ではない

ハットリシンヤ|マーケター

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!全力で息子のお菓子かオモチャを書います(ʘʖ̮ʘ)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください(ʘʖ̮ʘ)
17
マーケティングコンサルタントやってます。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。毎週火曜日と金曜日のAM9:00にコンサル脳を鍛えるための『月刊コンサルnote』を配信してます。ザックリ自己紹介👉https://shinyahattori.com/media/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。