コンサルnote大全

534
セルフコンサル術②:取捨選択に必要な2つの切り口

セルフコンサル術②:取捨選択に必要な2つの切り口

コンサルする上で重要なことは、 ・やるべきこと ・やらないこと を決めることですが、コンサルに限らずビジネスにおいては、さらに言うと人生においては、やるべきこととやらないことを決めることは重要です。 やりたいことややるべきことを全部やるには人生は短すぎますしね。 ただ、優先順位がつけられず、悩んだり考えたりして、結局やるべきことややりたいことができず、むしろやらなくても良いことややりたくないことばかりしてしまっているという人が多いのも実情です。 なぜこういった自体に

5
500
セルフコンサル術①:問題&課題ミックス

セルフコンサル術①:問題&課題ミックス

セルフコンサルというのは、コンサルを受けずに自分で自分をコンサルをする方法とでも良いましょうか。 切羽詰まっている人は、そりゃプロにコンサルをしてもらうのが良いんですが、そこまででも無いという人は、まずは自分や自分が取り組んでいるビジネスを俯瞰で見てもらって、セルフケアをしてもらえたらなと。 センスの良い人はけっこうでいけると思うんですよね。 で、矛盾するようですが、切羽詰まりすぎて末期状態でコンサルを受けに来られても困るというのもありまして。 お金も無い、時間も無い

7
500
有料noteの落とし穴

有料noteの落とし穴

ある方の有料noteについてTwitterでは炎上しているようですが、まぁ、そりゃ炎上するよねという内容と対応ですね。 興味がある方は僕のTwitterを追っていただければ。 有料noteが突っ込まれる理由として、「中身が違う」ということなんですが、時代によってnoteの内容自体が使えなくなることはあっても、「中身が違う」ことがあってはならないんですね。 というか、下記の3つの点に気をつけて真っ当にコンテンツをつくっていればそんなことはあり得ないはずなんです。 ①タイ

8
500
有料noteで売れる記事は「良質」か「異質」か

有料noteで売れる記事は「良質」か「異質」か

noteにかかわらず、ブログでもメルマガでも、あらゆる情報発信において差別化する方法というのは基本的に2つです。 それは「良質」な情報を発信するか、「異質」な情報を発信するか。 言い換えると、インフォメーション(良質な情報)かインテリジェンス(異質な情報)かっていう話なんですが、ぶっちゃけ言うとインフォメーションを発信したいのであればnoteではなくブログの方が向いています。 既にブログとnote両方運用している人であれば、なんとなく感覚的にわかる人も多いと思います。

8
500
「陽(よう)」の成功者と「陰(いん)」の成功者

「陽(よう)」の成功者と「陰(いん)」の成功者

ジュンイチ(@Junichi_Santa)さんは僕の好きなブログマーケッターなんですが、彼がこんな記事を書いていて。 で、僕は「上手くいっている人」なのだろうかと思っていろいろ振り返ってみたわけですよ。 ジュンイチさんが提言する 大前提:うまく行っている人と行っていない人には「才能の差」なんて無い! 1つ目)デキる人は行動がめっちゃ早い。とにかくやってみる!って考える 2つ目)ちゃんと自分で考えている。研究&勉強熱心 3つ目)諦めずに続けている 4つ目)愛がある 5つ目

9
500
ライバルが知らないストーリー型逆算起業術

ライバルが知らないストーリー型逆算起業術

メインブログの方でも書いているんですが、 一念発起で起業したのは良いけど、あまりに自己中な起業ゆえに何者にもなれずに消えていく人が多いので、「これくらいは決めてから起業しようね」というポイントをお伝えしておこうかなと。 どっちかというと初心者向けの記事にはなるとは思うんですが、新規事業を立ち上げる際もこのフローは共通しているので、参考にしていただければ。 ということで、ポイントとフローは下記の通りです。 ①世の中にある問題を見渡す ②幸せにしたい人を決める ③幸せにす

9
600
ブログを複数運営すれば情報発信は強化&効率化できる

ブログを複数運営すれば情報発信は強化&効率化できる

今や、コンサルタントとしてブログなどで継続的に情報発信をするのは当たり前になっていますよね。 ノウハウや経験、知識、スキルをガンガン提示することで、権威性や信頼性にもつながりますし、リアルタイムで発信することで思考やトレンドをアップデートしていることの証明にもなります。 というか、コンサルタントでなくても、自分でビジネスをしていく上で、継続的に情報発信をすることが有利であることは言うまでもなく。 もはや「え?ブログ書いてるんですか?すごい!」とはならないじゃないですか。

6
600
レッドオーシャン戦略とブルーオーシャン戦略は必ずセットで

レッドオーシャン戦略とブルーオーシャン戦略は必ずセットで

今回のコンサルnoteですが、裏のTwitterでも告知した通り、このツイートについてちょっと掘り下げます。 要は、自分の適正を見極めて、 ・差別化できるから勝てる ・根性があるから継続できる といった単純な話ではなく、「勝てるまで戦い続けられる」環境に身を置きましょうということです。 ただ、この話には続きがあって、いくら適正だからといってレッドオーシャンだけで戦い続ける、あるいはブルーオーシャンだけで戦い続けるというのはけっこうしんどいんですよね。 そもそも「絶対

4
500
フォロワーを増やす前にフォロワーに対してすべきこと

フォロワーを増やす前にフォロワーに対してすべきこと

Twitterにはいろんな使い方があるわけですが、ほとんどの人が好きなことを好きなようにつぶやくツールとして自由に使っています。 あとは、それによって「好きなこと」が同じ人とつながったり。 これが本来の健全な使い方ですよね。 TwitterのCEOであるジャック・ドーシーもこう言っている通りで。 私はツイッターはSNSだとは思っていません。SNSは友達・家族・クラスメート・同僚を探すツールですが、ツイッターは全く違います。ツイッターでは「関心」によって、誰かとつながる

13
500