コンサルnote大全

427

憧れのライフスタイルの作り方

みんなそれぞれビジネスのコンセプトや人生の指針があり、それを研磨、あるいは実現すべく日々何かしら積み重ねているわけですが、コロナきっかけで大きく変わった人もいますよね。 まぁ、結果としてコロナは(今のところ)弱毒ウイルスだったわけですが、蔓延し始めたころは自分や大事な人の生命の危機を感じ、仕事のあり方や向き合い方を考えさせられたのではないのかなと。 ステイホームになって家にいる機会も増え、家族との関係性を見直したり。 僕の場合は、もともとビジネスに関して、つまりお客さん

スキ
19
有料
500

マーケティング態度

Twitterで最近好きなアカウントがありまして。 営業に関するノウハウやマインドセットをキングダムの王騎のキャラでツイートしているアカウントなんですが、これがなかなか面白くて。 強制はしないですが要チェックですよォ?ココココ キングダムが好きなので設定はもちろん好きなんですが、商売やお客さんとの関係性構築について本質的なことを多くツイートしているので、マーケティングとかぶるんですよ(著作権のツッコミは置いといて...)。 マーケティングと営業は相反するものだと思われ

スキ
12
有料
500

下手なお客さん目線より狂気の自己中

たまにはマーケティングの話もしない怒られそうなので、今日はマーケティングについてガッツリと。 いや、普段話してることはも、多くの人が気づいていないだけでほぼ全てマーケティングに付随することなんですが、今日はもう少しわかりやすく。 僕は普段から「マーケティング視点」という言葉を多用しているんですが、そもそもマーケティング視点というのは何かという話をしていきます。 マーケティング視点というのは、シンプルに言うと「相手の気持ちを考えること」になるんですが、一言で「相手」といっ

スキ
12
有料
500

ポジショニングとアピールの違い

最近は中学生のビジネスプレイヤーや高校生のビジネスプレイヤーをよく見かけるようになりましたよね。 そんな中「彼らはポジショニングが上手いよね」みたいなツイートを見かけたんですが、ぶっちゃけ若さ以外は代替可能なので、それはポジショニングでも何でもなく「ただのアピール」にしかすぎません。 Twitterのフォロワーを増やす方法もnoteで稼ぐ方法も、同じようなノウハウはいくらでもありますからね。 存在にしてみても、フォロワーが多いだけ、稼いでいるだけのインフルエンサーもクサ

スキ
36
有料
500

成功へのショートカットはサイコパスに学べ

本日のテーマはサイコパスについて。 といっても、サイコパスになりましょうという話ではないですし、そもそも後天的にサイコパスになれるものではないです。 そうではなく少し違った視点、というかコンサル的「逆転の発想」で。 異常犯罪者など悪いイメージが強いサイコパスですが、経営者やコンサルタント、弁護士、医者など、時として感情を排除して冷徹な判断を下さなければならない職業にも多いと言われています。 じゃぁ、サイコパスの特徴を把握し真似できることは真似してしまえば、成果創出に有

スキ
8
有料
500

この時代に「人を動かす禁断の心理テクニック」的なものは嫌われる要素でしかありません

なぜか「人を動かす禁断の心理テクニック」みたいな本やnoteが、世間一般的にずっと売れ続けているわけですが、その理由としては「そんなものをいくら読んでも人を動かすようになれないから」に尽きます。 その本質に気づかず「この本を読めば今度こそ...」と青い鳥を探し求め続ける人がいなくならないからです。 ダイエット法で「好きなものを食べながら痩せられる!」「運動せずに痩ましょう!」みたいな“ぬるい”コンセプトが売れ続けるのと同じですね。 人間は基本的に「楽して得したい」生きも

スキ
8
有料
500

noteのボリュームと価格のジレンマ

情報コンテンツを売る取っ掛かりとして、noteを活用する人は後を絶たないわけですが、コンテンツ制作を進めていく上でだいたい2つのハードルを超えられずに終わるパターンが多いです。 noteでコンテンツ販売を始める人の、わりと共通の悩みだったりするので、今回はここを解説しようかなと。 まぁシンプルな話なので、特に疑念を持つことなく腑に落ちると思います。 情報コンテンツ全般の話になると戦略は変わってくるので、今回は「noteで有料コンテンツを販売する」ということに話を絞ります

スキ
19
有料
500

お金目当てのマーケティングが上手くいく

先月からスタートしたオンラインサロン、ソロ・マーケティング部は第2期までは一括買い切りのシステムになっています。 そういったコンセプトや料金体系もあってか、ちょいちょい問い合わせをいただくようになり、その中でも多いのが「どういったコンテンツ内容なのか」というもの。 まぁ、個別の公開コンサル(アドバイス)は人それぞれなので、説明のしようがないんですが、配信しているコンテンツ内容に関しては伝えられます。 ということで、ソロ・マーケティング部のコンテンツの一部を今回は特別にお

スキ
9
有料
500

フロントとバック、気合いを入れるのは?

フロントエンド商品とバックエンド商品の違いと言えば、 ✅フロントエンド商品 → 集客商品 ✅フロントエンド商品 → 低価格 ✅フロントエンド商品 → お客さんが欲しいもの ✅フロントエンド商品 → オープン ✅フロントエンド商品 → ワンチャンス ✅フロントエンド商品 → 差別化が必要 ☑️バックエンド商品 → 利益商品 ☑️バックエンド商品 → 高価格 ☑️バックエンド商品 → お客さんに必要なもの ☑️バックエンド商品 → クローズド ☑️バックエンド商品 → 失敗が

スキ
8
有料
500

逆行マーケティングで燃え尽きないように

このツイートが少し反応あったので、逆パターン(フォロワーから集めるパターン)の解説をしようかなと。 勘違いしてはいけないのは、「フォロワー数が全てじゃねーんだよ!」という話ではなくて、あくまで結果はこのスキームの最後であるフォロワー数に現れるという話です。 なので、盲目的に「フォロワー数=戦闘力」を否定するのではなく、こういった視点も持っておいて欲しいなと。 で、じゃぁ、逆から攻めた場合はどうなのかっていう話を。 フォロワー増やしから始める場合ですね。 基本的にはア

スキ
7
有料
500